若者がよく言うワンチャンの意味が分からないから調べた

img src=”電わんちゃん.jpeg” alt=”わんちゃん"




若者の言葉「ワンチャンについて思うこと」

最近、中学生の息子が「ワンチャン、ワンチャン」とよく言っています。

正直意味が分からないので、聞いていて腹立たしいでのですが、みなさんはいかがでしょうか。

自分自身も若い頃、「やばい」を連発し、「いい意味」だろうが「悪い意味」だろうが何でも「やばい」を使っていたので、今思えば周りの方には不快な思いをさせていたことでしょう。日本語は正しく使いたいものですね。。。

最近、会社で27歳の人間も「ワンチャン」とか言っていましたので、年齢層はそれなりに広いと推察します。

私と同様にイラついている方もいらっしゃると思いますので、わんちゃんの意味を情報共有致しますね。

ちなみに、ワンチャンとは・・・

ワンチャン: ワンチャンスの略

→可能性は低いが、可能性がある

フルチャン: フルチャンスの略

→可能性大(ほぼ成功)

ノーチャン: ノーチャンスの略

→可能性0%

調べてみると、ワンチャンはカタカナ?表記が多いようですね。ワンチャンの他に、「フルチャン」やら、「ノーチャン」がありましたので、ついでに記載しました。

あと、確定の「カクチャン」もあるようです。

使い方の練習をしましょう!

・ ワンチャン

→あのかわいい女の子とワンチャン付き合えるかも。

→あのバッター打率1割だが、ワンチャンあるかも。

そして、練習し息子に試した結果・・・

通用しちゃいました!

一つ勉強になりましたね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA