何を食べたら身長を伸ばすことができるのか

img src=”身長を伸ばす食材.jpeg” alt=”何を食べたら身長を伸ばすことができるのか”

何を食べたら身長を伸ばすことができるのか

どれか一種類だけをたくさん食べるのではなく、結局バランスです。その中でも思春期は、たんぱく質をしっかりとる必要があります。

<積極的に摂取したいもの>

  •  たんぱく質
  •  カルシウム
  •  マグネシウム
  •  亜鉛
  •  カリウム
  •  炭水化物
  •  ビタミンB2、B6
  •  鉄

以下に食材を紹介します。

たんぱく質について

◆乳幼児

成長速度が速いため十分な摂取を心がける。

◆思春期

たんぱく質の摂取量を増やす。

◆大人

肥満対策のため量を減らす。

たんぱく質摂取量の目安
  •  0~6か月  1.6~2.6g/kg
  •  6~12か月     1.8~2.7g/kg
  •  1~3歳   1.4~3.0g/kg
  •  4~6歳   1.35~2.7g/kg
  •  学童期   1.1~2.0g/kg 
  •  思春期   1.25~2.0g/kg
  •  成人    0.9~1.1g/kg

(例)思春期の子供体重50kgの場合

50✖1.25=62.5g

激しい運動をしている場合

50×2.0=100g

たんぱく質が豊富な食材

鶏ささみ、鶏むね、豚もも、牛ひれ、牛モモ、まぐろ赤身、タラ、サケ、サワラ、エビイカ、木綿豆腐、絹ごし豆腐、納豆、枝豆、卵、牛乳、ヨーグルト、チーズ

カルシウムが豊富な食材

しらす干し、わかさぎ、桜エビ、干しひじき、うなぎ蒲焼、魚中骨缶詰、乾燥わかめ、小松菜、切り干し大根、モロヘイヤ、菊菜、大根の葉、チンゲン菜、木綿豆腐、油揚げ、高野豆腐、納豆、ごま、牛乳、ヨーグルト、チーズ、脱脂粉乳

マグネシウムが豊富な食材

カキ、タコ、サケ、マグロ、カツオ、ホタテ、サツマイモ、枝豆、ほうれん草、バナナ、納豆、絹ごし豆腐、アーモンド、パスタ(乾)、そば(ゆで)

亜鉛が豊富な食材

牛もも肉、豚ひれ肉、牛ひき肉、カキ、うなぎ蒲焼、タコ、ごはん、そば(ゆで)、パスタ、チーズ、木綿豆腐、高野豆腐、納豆、厚揚げ、ナッツ

カリウムが豊富な食材

ほうれん草、ブロッコリー、ジャガイモ、サツマイモ、とうもろこし、切り干し大根、バナナ、キウイ、りんご、真昆布、ひじき、乾燥わかめ、納豆、牛乳

炭水化物が豊富な食材

ごはん、食パン、うどん、そば、パスタ、ジャガイモ、サツマイモ

ビタミンB2,B6が豊富な食材

豚ひれ肉、豚もも肉、牛ひれ肉、鶏もも、鶏ささみ、ほうれん草、ブロッコリー、まぐろ赤身、納豆、牛乳、ヨーグルト

鉄が豊富な食材

牛もも肉、牛ひれ肉、牛ひき肉、ブレひれ肉、カツオ、ブリ、まぐろ、アサリ、イワシ、卵、小松菜、ほうれん草、木綿豆腐、高野豆腐、納豆、きな粉、切り干し大根、枝豆、ひじき

身長は子供の時しか伸びません。後悔しないようにサポートしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA