【初心者でも】吉野川の大歩危小歩危でラフティング

img src=”かずら橋.jpeg” alt=”img src=”かずら橋”

吉野川のラフティングを体験した感想を書きます。

この記事を読むと、こんなことが分かります。

  • 吉野川ラフティングで体験した感想
  • ラフティング宿について
  • 近隣のオススメ旅館
  • かずら橋のこと

【半日体験】吉野川の大歩危小歩危でラフティング


神戸から約2時間半くらいです。

高松道から、徳島道へ乗り換えが必要

鳴門海峡大橋を渡ると高松道になります。
高松道から徳島道への乗り換えは以下の通りです。

高松道(板野IC)降りる。
     ↓
   一般道を走る
     ↓
徳島道(藍住IC)から入る。


看板があるので、迷うことはありません。
飲食店がたくさんあるので、この辺で食事を考えるプランもありです。

賢見温泉 <1日目>

宿泊地は賢見温泉(世界の吉野川で KENMIラフティング)

f:id:ryoko-odekake:20170902023414j:plain

賢見温泉はラフティング付きパックの宿です。
パックは安くてお得です。

前泊して、次の朝からラフティングになります。

夕食は『バーベキュー』ですが、宿が安いのであまり期待していませんでした。

ところが、肉も他の食材も多いです!
しかも結構うまい!

f:id:ryoko-odekake:20170902023955j:plain

これは食べ切れないと直感的にわかりました。
9人分の食材で、子供が5人。

子供たちは早々とギブアップ。
大人たちがそれぞれ自分の限界に挑戦しました。

貧乏性なので、残すのはもったいない。
でも食べきれない。

幸いお隣さんが若いグループでしたので、
余った食材を貰ってくれました!

部屋は普通の広い和室です。
建物が川沿いの崖に建っているので、川が見え風情がありました。

風呂は大浴場で、ゆっくり過ごせました。

<2日目>

吉野川ラフティング半日体験ツアーに参加しました。

半日体験でも、以前は本気のコースがあったのですが、今はファミリーコースになっているようですね。

それなら、「本格1day」コースをお勧めします

吉野川ってどんなところ
  •  全国で一番危険
  •  世界大会が行われるほど有名
  •  中学生以上が参加資格(本格1dayコース)
  •  保険にも入る必要があり。
  •  激流レベルはグレード1~5という世界基準があり国内唯一のグレード4
  •  大歩危と小歩危があり、小歩危が危険
  •  水位に高いと小歩危は行けない

と、こんな感じの説明を受けました。

いちばん注意することは、川に落ちたときは足を上にあげることです。

過去に亡くなった方もいて、その事例を言うと、川に落ちると立とうとするんですね。
その時に石の間に足が挟まって溺れるそうです。

説明の時にだいぶ脅されました。ふざけてると死ぬよってことです。
逆に足を上にあげる事さえ覚えていれば大丈夫とのことでした。

基本的にライフジャケットを着用していれば浮きますので、沈むことはありませんから。

ボートの先頭がいちばん落ちやすいとのこと。
(何故か先頭になってしまいました)
先頭が一番危険ですが、一番楽しいと思います。

激流が近づいてくると、先頭なのでよく見えます。
どう考えてもあの角度はやばい!とか分かります。
ホント90度真下に落ちるイメージです。エグイ。

10人くらいのチームに分かれて乗ります。

そんな時、ちょっとした事件が起こりました。
一緒のチームだった別家族の女性が激流で落ちました。

激流では助けることはできません。
流されてから緩やかなところで拾ってもらうのです。

何とか激流を耐えて、緩やかなところで救い出すことができました。
さすがに泣いていましたね。

途中で飛び込み体験もしました。
高いところが苦手な私ですが、頑張って3mから飛び込みました。

インストラクターのお兄さんは、10mをバク転で飛び込みました。
あれはカッコよかったです。

ようやくラフティングが終わり、その後はお風呂で温まりました。

いちばん最高な瞬間でしたね。

ラフティングをするか悩んでいる方へ

結論から言うと、絶対参加してください!
滅多に経験できることではありません

ファミリープランもあるので、小学生でも楽しめます。
おすすめの宿です ↓

賢見温泉(世界の吉野川で KENMIラフティング)


一つ後悔していることがあります。
ラフティングの写真が無い!

そんな余裕ないと思われがちですが、激流の後はすごく緩やかになります。

もちろん途中で休憩もしてくれます。
防水カメラ、あった方がいいよ!

2日目の宿 かずら橋キャンプ村

次の宿へ向かいます。さらに山奥ですね。

関西の方なら「かずら橋」聞いたことありますよね?
かずら橋の近くのキャンプ場のバンガローで宿泊です。

目の前に川がありますので普通に遊べます。
そして川の流れる音がいい感じです。

f:id:ryoko-odekake:20170902152209j:plain
f:id:ryoko-odekake:20170902145035j:plain

夕食ですが、さすがにBBQを2日連続はきついので、
食材を買って豪華なサンドイッチを作って食べました。

吉野川沿いを車で走っていると、コンビニやお店があります。
(たくさんは無いので要注意)

宿泊した、かずら橋キャンプ村のHPです ↓

http://www.iyakei-camp.jp

電話予約でした。
バンガロー3000~6000くらいです。

よくテレビで遭難したシーンで、小屋がありますよね?
あんな小屋です。

寝袋があった方がいいですね。


バンガローは安いので、良い寝袋を購入してもすぐにペイできます。

3日目

さてこの日は観光地「かずら橋」を渡ります
キャンプ村から歩いて5~10分くらいでした。

料金は 大人550円 小人350円。
こんな感じです ↓

f:id:ryoko-odekake:20170902151142j:plain

思ったより短い?
いやいや実際に渡ると長く感じました。

足元結構危ないっ。小さい子は泣いてましたね。

f:id:ryoko-odekake:20170902151028j:plain


この日は川遊び。
カニや魚を捕まえて、ゆっくり過ごしました。

f:id:ryoko-odekake:20170902152737j:plain

帰りに吉野川SAで遊びました。
ここは以前から知っているのですが、結構楽しいです。おすすめです。

吉野川の遊覧船に乗れます。
遊具や温泉施設もあり、楽しめると思いますよ。

是非寄ってくださいね。

f:id:ryoko-odekake:20170902153246j:plain

今回の旅行は以上ですね。

ラフティングは絶対やってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA