ロジクール製トラックボールM570とM575の違いとは?比較してレビューする。

img src=”ロジクールトラックボール.jpeg” alt=”m570_m575比較”


この記事は、トラックボールマウスの初心者でも分かるように心がけている。

この記事に辿り着いたあなたは、M570とM575で迷っているのではないだろうか。

そもそもトラックボールマウスを使いこなせるのか?

そういった問いにお答えしたい。

ロジクールM570とM575を使用した感想

まず最初に、毎日M570 /M575を毎日使用している筆者が、どちらを購入するべきかお答えしたい。

結論から言おう。

正直どちらでも良い。どちらも使用しやすい。

ただMacBook AirやSurfaceなどのパソコンでは、M575のBluetooth対応がいい場合もある。
こういった難しい内容は後述するが、

操作性、使用感はどちらも申し分ないと思う。

ちなみに筆者が、今から初めてトラックボールマウスを購入すると言うなら、M575を購入するだろう。

一応、スペックが向上しているし、大きな価格差ではないからだ。

そして白のマウスは、かわいくて気に入っている。個人的にはこれで間違いないと思っている。



トラックボールマウスは使用しやすいの? 初心者でも大丈夫?


スペックの違いを説明する前に、大前提としてトラックボールマウスに不安を持っている方がいるのではないだろうか。

そういう筆者も数年前、不安になりながらM570を購入した。

最初は正直使用しづらかった。

だが個人差はあるが、すぐに慣れてくるだろう。

そして病みつきになる。

今後トラックボール以外のマウスを購入することは無いと思う。

全員とは言わないが、みんなそうなるんじゃないだろうか?

ロジクールM570とM575の違いとは?

サイズや形状が違う

M570M575
95mm100mm
奥行145mm134mm
高さ45mm48mm
重さ142g145g


サイズの違いで気になるとすれば、奥行が10mm異なるところだろう。

人差し指ボタンへのアクセスを改良したのであろうか。

女性だと握り方によっては、人差し指が届きづらい場合がある。

しかし筆者の会社では、女性でM570を使用している方もいるので、握り方次第だと思う。

また、M575は少し傾斜が付いて操作性が向上したこともポイントだ。

Bluetoothについて


M570とM575の大きな違いは「Bluetooth」だろう。

M570は写真のようなレシーバー(USB)を挿入することで、ワイヤレス対応になる。

M575はBluetooth対応なのでレシーバーは不要だ。

ちなみにM575もレシーバーは付属されており、M570と同様の使い方も可能。

MacBook AirやSurfaceだと、USBポートが無いため、Bluetoothは便利かもしれない。

筆者のパソコンはUSBポートが余っているため、M575でも未だにレシーバーを活用している。

Bluetoothの接続は非常に簡単だ。以下に紹介しておく。

Bluetoothデバイスの追加方法
  1.  設定→デバイス→Bluetoothデバイスの追加 をクリック
  2.  Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する をクリック
  3.  Buetoothを選択する
  4.  ERGO M575を接続する

電池の寿命について


電池寿命は良いに越したことは無いが、どちらも驚異的だ。

m570m575
電池寿命18か月20か月(Bluetooth)
24か月(Unifying)


M570でも電池が無くなった記憶が殆どない。

正直どちらも問題ないレベルに達している。


単三電池1本でこの実力は驚きである。

センサーの解像度が違う

M570M575
解像度540dpi最大2000まで調整可能


普通に使用する分にはどちらも全く問題ない。

ゲーミングやWebデザイン編集等はM575がオススメだ。

ロジクールM575S、M575GR、M575OWの違いは?

M575SM575GRM575OW
カラーブラックグラファイト
(ダークグレー)
オフホワイト
保証期間1年2年2年

価格はM575Sが5000円前後、他の2つは6000円前後くらいかな。

この最新モデルの3機種の中から、好みで選択すれば良い。

個人的にオススメなのは、何度も言うがオフホワイト(^o^)♪



少しでも安くお求めの場合はこちらのM575S ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA