手荒れ・あかぎれ・ひび割れの治し方。

img src=”手荒れ対策.jpeg” alt=”手荒れ・あかぎれ・ひび割れの治し方。”

手荒れ・あかぎれ・ひび割れの治し方。

特に冬になると乾燥しさまざまな箇所に肌荒れが起こります。
特に手はあかぎれ・ひび割れたりします。

冬の手荒れ、つらいですよね?
私がおこなっている対策方法を紹介します。
少しでも参考になれば幸いです。

皮膚科に行って入手した薬と効果について

f:id:ryoko-odekake:20190523225843j:plain

指の間がカサついているのが分かるでしょうか。
この写真はマシなのですが、放っておくと指全体にも
広がったりします。

一番の原因は、料理と洗い物です。

痒くてかいていると、余計にひどくなってしまいます。

限界に達して病院に行ったことがあります。
その時にいただいた薬が以下です。

商品名:アンテベート軟膏0.05%

f:id:ryoko-odekake:20190523225316j:plain

「アンテベート」です。

水を使用した作業と乾燥により、手のバリアが剥がれていると説明を受けました。

成分は以下の通りです。

アンテベート軟膏0.05%
  • 主成分:ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル(Betamethasone butyrate propionate)
  • 剤形:白色の軟膏剤
  • シート記載:アンテベート軟膏0.05%、TO-1860

皮膚の炎症をおさえる働きがあり、赤み、はれ、かゆみなどの症状を改善するステロイドの塗り薬です。通常、湿疹や皮膚炎、乾癬などの治療に使用します。

これは結構効果がありました。

ベトベトするので、綿の手袋を着用する必要があります。寝る前に使用すると良いです。

寝るときはこんな感じです。

f:id:ryoko-odekake:20190523230321j:plain

使い続けることが肝心です。

少しでも症状が現れたら、すぐにやると早く治りますよ。

3日ほど頑張ると、かなり良くなりました。

ひどいときは、休日は終日付けています

市販品での対策について

わざわざ病院に行くのも面倒な方は、市販品で何とかしたいですよね。
私が普段やっている方法を紹介します。

市販品での対策・予防について

<予防>

  • 極力水に触れないこと
  • 水仕事をするときは、必ず手袋を着用すること
  • ハンドクリームで保湿すること

<ひび割れした時の対策>

  • ヒビケアなどの薬を塗り込む

極力水に触れないこと

家事をしていたら、どうしても水に触れますよね?
水に触れないなんて、そんなん無理やろう!と思いますよね?

その気持ちはよく分かります。私も主夫のはしくれですから。
「掃除」「料理」「洗濯」「子育て」全て何らかの形で水を触りますからね。

本気で治したいときは、私はトイレに行っても手を洗いません(笑)
それくらいの気持ちで!ということです。

水仕事をするときは、必ず手袋を着用すること

ゴム手袋ナイロンの手袋を使用してください。
特に食器洗剤は皮脂や角質を落とすため肌が荒れてしまいます。

ゴム手袋の内側は、長く使用すると菌が溜まったりするので清潔にしてください。
ゴム手袋のせいで、手があれることもありますから。

ゴム手袋は市販の安いものを使用しています。
ナイロンは以下のものを使用しています。

病院でもらった手袋

<良いところ>

  •  長い(手首の部分がロングタイプ) ※これはいちばん重要
  •  蒸れにくい(内エンボス加工)   ※エンボス加工は蒸れにくいのです
  •  たくさん入っている。(100枚)

<悪いところ>

  •  包丁を使用する時に破れることがある
f:id:ryoko-odekake:20190523231101j:plain

これ結構良かったんですが、無くなってしまいました。
100均のものは、長さが短いので手首から水が混入し、ストレスMAXです。

私は病院の手袋が無くなってからは、この手袋を追加購入しています。


これは手首をしっかり覆う長さなので、とてもGOODです。
病院でもらったモノより良いです。

100枚もあるため、当分持ちます。

少々値段が高いことがネックです。
私はあかきれが治るならOKです。

ハンドクリームで保湿すること

私が使用しているのがNALC薬用ヘパリンハンドクリームです。

乾燥肌の救世主「ヘパリン類似物質」配合【NALC薬用ヘパリンハンドクリーム】



幼児にも使用できるほど肌に優しいところが気に入りました。
私は肌が弱いので、肌に優しいものばかり使用しています。


NALCのハンドクリームで保湿して、布手袋をして寝ると効果抜群です。

ひび割れ対策

あかぎれが酷くなると、パックリと割れますよね。
この状態は本当にツライ。

そんな時は、市販の「ヒビプロ」を使用しています。
これ1つで数年使用しています。

f:id:ryoko-odekake:20190523232004j:plain

これを塗り込んで、バンドエイドで巻いています。
塗ると少し染みますが、効いてる~って感じがします。

1日中水に濡らさずに耐えると、結構治りますよ。
これですね。ヒビプロ、パッケージが変わっていますね。



本当はこうなる前に、ハンドクリームや手袋で予防しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA