フライパンに迷ったら、ティファールよりアイリスオーヤマのフライパンセットをオススメする理由。

散々調べた結果、私がアイリスオーヤマのフライパンを選択した理由

フライパン選びで重要視したこと

自称、料理研究家です。

フライパンがボロボロなので購入を決意し、色々調査しました。

フライパンで悩んでいる方、おられませんか?

私はかなり悩んで時間をかけて、ようやく一つの答えに辿り着きました。

自分の要求すべてを網羅しているフライパンでなかなか無いんですよね。

せっかくなので、まずは調査したことを紹介します。

私がフライパン探しで重視したのは以下の4つです。

  1.  軽いこと
  2.  取っ手が外せること
  3.  PTTF・PFOAフリーであること
  4.  速く温まること

以上の4つの観点から探しました。

①軽いこと

①については、まずフライパンって軽いに越したことはありません。そうですよね?

わざわざ毎日重たいものを使って料理したり、洗ったり大変です。

奥さんから、これだけは譲れないと熱望されましたので。

しかし、良いフライパンは重たいものが多いです。その代表格は「鉄製のフライパン」です。

鉄製のフライパンも良さそうだなぁ~と思い色々調査しましたが、「水洗いできないこと」「油ならし」がどうしても嫌で、今回は選択肢から外しました。

ところで重い、軽いって何キロから?

これは私が調べて感じた事ですが、26㎝~28㎝のフライパンを想定して、1kg以上あれば重いという基準にしていました。

鉄のフライパンはほとんど1kg以上あります。重いものになると、1.5kg以上あります。

1kg以下ならOKという観点で調査しました。

②取っ手が外せること

私はこれまで、取っ手が外せるフライパンを使用したことがありませんでした。

取っ手が外せるフライパンを使っている知り合いに相談したところ、「取っ手いらないよ」と言うのです。

コイツ何を言ってるんだ!と思ったのですが、よく聞いてみると、フライパンだけ置いて料理すればいいと言うのです。

IHの方は特に当てはまるのですが、確かにフライパンを振ったりする動作はあまりしません。私の家もIHなのでよく分かります。

みにくいアヒル

さすがに炒め物は取っ手が必要だよ。激しく炒めるとフライパンが動いちゃうんだ。ムシャムシャ。

盛り付けする時は、重たいフライパンを持ちながらというより、お皿を近くに持って行って盛り付けます。

そして、何より収納が楽なんです。いつもフライパン置き場は、重ねてごちゃごちゃしていたのですが、スッキ置けるようになりました。

スッキリしていないって?これでも鍋やフライパンは合計6個あります。重ねられることと、取っ手が別なことが助かります。

今までのクソぼろいフライパン達とは、サヨナラです(笑)

また、取っ手の根元は汚れが付着するため、意外と洗うのが面倒だったりしますよね。

必要なときだけ取っ手を使えばいいんですね。

③PFOAフリーであること

フライパンのことを調べているとよく出てくる文言です。

テフロン加工=フッ素樹脂のものを「から焼き」すると有害な熱分解生成物が発生すると言われています。

またコーディングが剥がれたものは体内に取り込まれます。ほとんどは体外に出ると言われていますが、わざわざ取り込みたくないですよね。

テフロン加工の代表格はティファールですね。私も使用していました。剥がれいても、かなり使い続けましたね。。。

マーブルコートやダイヤモンドコートもフッ素樹脂加工の一種ですね。マーブルの粉、ダイヤモンドの粉を混ぜて耐久性を上げています。

有害?無害?とかいちいち気にしたくないので、今回はPFOAフリーであることを条件に入れました

④速く温まること

早く温まるに越したことはないですよね。

私がよく失敗するのは、「20㎝程度の味噌汁用のなべ」です。

よくその辺のスーパーで購入しするのですが、これが全く温まらない。

2~3回失敗しました。

熱伝導率が良く、温まるのが早いフライパンが最後の条件です。

ところで価格帯はどのように選んだのか。

価格はフライパン1つ2万円くらいまでOKのつもりで探しました。 かなり太っ腹でしょう。

フライパンはどうしても、良いものが欲しかったんです。

私自身は、重くても全然OKなんです。

私個人として欲しいフライパンは「焦げ付かない安全なフライパン」です。

そのためには、価格は度外視して調査していました。

ようやく私が惚れ込んだフライパンを探し当てることができました。

高級フライパンのお店 ruhru(ルール)

実はアイリスオーヤマに決める前に注目していたのがこのルールのフライパン。

これは結構高いです。一番欲しい28㎝深型は約19000円くらいしますが、全然OKです。

しかし奥さんには反対されました。重いからです。重いものは良いものが多いんですけどねぇ。

でも28㎝深型のフライパンは、両手で持てる仕様なので全く問題ないと思うのですが、それでも洗うときとか嫌だと言う理由で反対されました。

本当にいいフライパンが欲しいって方にはオススメです。一度調べてみるといいと思います。

私は必ず一つは手に入れるつもりです。

購入方法はAmazon,yahooで取り扱いあります。

HPからの購入は、蓋やヘルスケアのセット購入ができるので、そちらもオススメかな。

10年保証のこともある安心だからね。

高級フライパンのお店 ruhru(ルール)
コーディング剤に人体に有害なフッ素樹脂(PFOA)が入っていないので安心

私が選んだフライパンはアイリスオーヤマのセラミックカラーパン。

最初は 10点セット10000円みたいな商品は、眼中にありませんでした。

値段が高い=良い製品と思っていましたから、高いものから順に調査していました。

ところが色々調べていると、この商品、目標の項目4つを全てクリアしているではありませんか。

おまけに、14点セットで13800円(定価)で安い(笑)

結局11000円くらいで購入できました。思いのほか安いっ!

1つ20000円でもいいと言ってたのに・・・。

エッグパンを合わせると、6個もフライパンやなべが付属されています。

14点のセット内容
  •  フライパン26cm
  •  フライパン20cm
  •  炒めなべ26cm
  •  シリコン縁ガラス蓋26cm
  •  シリコン縁ガラス蓋20cm
  •  シリコン縁ガラス蓋16cm
  •  なべ20cm
  •  なべ16cm
  •  エッグパン
  •  PEシールふた26cm
  •  PEシールふた20cm
  •  PEシールふた16cm
  •  マルチハンドル2本

軽い・取っ手外せる・PFOAフリー・温まるのが早い

私が目標としていたフライパンが見つかりました。

ただ、28㎝の鍋も欲しいんだよね~。

やはりルールを買うか悩んでいます。奥さんと相談して近々28㎝を追加しようと思っています。

使い心地は、今のところ最高ですね。毎日のストレスから解放されました!

焦げ付きは無いし、汚れもサッと洗い流せます。

しかもこの値段なら、2年/3年後に悪くなっても、また買えばいいや~って思えます。

9点セット13点セットとか色々あるんだけど、14点セットがオススメですね。

軽量 時短調理 お手入れ簡単 取っ手のとれる セラミックカラーパン

使用時に注意すること

説明書にありましたが、以下の点に注意が必要です。

  •  必ず中火以下で、調理面には油をひいてご使用ください。
  •  調理後の急激な冷却は避けてください。
  •  金属製の調理器具のため電子レンジではご使用いただけません。
  •  食器洗い乾燥機での洗浄、乾燥はしないでください。  

中火でも結構すぐに温まるので、使いやすいです!

今まで使ってたものがボロすぎて・・・。

今まで調理後に水をかけることがありましたが、これを購入してからは注意しています。

汚れが簡単に落ちるので、急いで水に浸ける必要はありません。

久ぶりに良いフライパンに出会えて本当に良かったです。

フライパンは価格ではないですね。

あと、長く使用できるものを探しがちなのですが、数年使って全替えした方がいいと感じました。

心機一転し、料理が楽しくなりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA