ハムスター皮膚病の治療費は?皮膚炎・ニキビダニ・真菌の治療方法は?

img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター皮膚病”


今回は、ハムスターの皮膚関係のびょうきについて解説いたします。

この記事を読まれている方は、何らかの皮膚病の疑いがある・若しくはすでに皮膚関係の病気になっている方だと思います。

治療費や対策方法などを紹介してきますので、是非参考になさってください。


ハムスター皮膚病の治療費は?皮膚炎・ニキビダニ・真菌の治療方法は?


ハムスターの治療費や診察費は病院によって異なります。

一般的には、2000~5000円程度と言われていますが、特殊な対応をした場合はそれ以上かかるケースもあります。


そういった場合の対策として、ハムスターにも保険があります。 ↓

img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスターペット保険”


ハムスターの皮膚病も細かく見ると沢山ありますが、ここでは代表的な皮膚病について紹介致します。

ニキビダニ症

症状: 脱毛、かゆみ、炎症

原因: もともと皮膚に生息している。ストレスや病気で免疫が落ちたときに発症する

治療: 薬の投与
    他の病気の疑いがあるため検査を行う

予防: ゲージの清掃
    栄養バランスのとれた食事
    ストレスを与えない

ニキビダニはほとんどのハムスターや人間にも生息しています。
老廃物を食べてくれるため、いい関係性を保てればいいのです。

ストレス等で、免疫を落とさないことがポイントです。


アレルギー性皮膚炎

症状: おなか、脇腹、胸に脱毛発疹
    かゆみ


原因: 床材(スギ、パイン、シダ)の影響
    食べ物
    タバコの煙、香水、ワックスなど
    肥満のハムスターに起こりやすい

治療: 床材種類の交換
    塗り薬
    原因の可能性があるものから離す

予防: 床材の種類に注意
    においがするものに近づけない

床材や巣箱の材質に注意しましょう。
塗り薬は、綿棒を使ってやさしくぬってあげましょう。

真菌性皮膚炎

症状: かゆみ
    皮膚がかさつき、フケが出る
    他のハムスターにうつるため注意

原因: カビ
    免疫の低下
    水虫の人からの感染


治療: 塗り薬、飲み薬
    ゲージの清掃


予防: ゲージの清掃
    ハムスターを触る時は手を洗う
    水虫の人は触らない

多頭飼いしている場合は、他のハムスターから離しましょう。

img src=”ハムスターまとめ買い.jpeg” alt=”ハムスターまとめ買い”


img src=”ハムスターマット.jpeg” alt=”ハムスターマット床材”


img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター用ペレット”


img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター巣箱”


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA