【年齢早見表】ハムスターの寿命とは?長生きさせる方法【10選】

img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター寿命”



ハムスターの寿命は、約2~3年と言われています。

ゴールデンとジャンガリアンで少し違います。

寿命の違いを見ていきましょう。

【一覧】ハムスターの年齢早見表を確認しよう


<人間とハムスターの年齢比較>

人間ゴールデンジャンガリアン
3週間3歳4歳
1ヵ月14歳16歳
2ヶ月18歳20歳
6ヵ月21歳23歳
9か月24歳25歳
1年26歳35歳
1年3ヵ月33歳44歳
1年6ヵ月35歳53歳
1年9か月43歳62歳
2年51歳71歳
2年3ヵ月59歳80歳
2年6ヵ月67歳88歳
2年9か月74歳96歳
3年80歳104歳
3年3ヵ月86歳
3年6ヵ月92歳
4年98歳



ゴールデンハムスターの方が少し長生きしますね。


100歳を目指しましょう!

img src=”ハムスターまとめ買い.jpeg” alt=”ハムスターまとめ買い”



ハムスターを長生きさせるために気を付けること【10選】


ハムスターの寿命の鍵を握っているのは、私たちです。

以下の10選に注意して、大事なハムスターを長生きさせてあげましょう。

環境に注意する項目 10選
  1.  温度環境(温度、湿度)に注意する
     風通しが良く、直射日光の当たらない場所に置く

  2.  音や振動が無い場所に置く
     テレビやドアの近くは避ける

  3.  ゲージの大きさは体に合っていますか?
     ゲージがあまりにも小さいと、ストレスになる

  4.  年齢に適したゲージを使用する
     年齢を重ねると、登ったりできなくなります

  5.  ゲージ内を清潔に保つ
     1日1回は清掃する

  6.  巣箱や隠れ家は必須
     ハムスターは狭いところが大好き

  7.  トイレの砂は固まるものを使用していませんか?
     固まった砂を食べる子もいるので、注意しましょう

  8.  回し車は体に合ったサイズを使用する

  9.  毎日給水器の水を交換する

  10.  床材は最低1週間毎に交換する


上記10項目の中からいくつかピックアップして説明します。

温度環境に注意しよう


特に、夏と冬には注意しましょう。


こちらの記事に温度環境の気を付け方を書いていますので参考にしてください。

体の大きさに適したゲージ、年齢を考慮したゲージについて


特に注意したいのは、年を重ねると登れなくなったり、落ちて骨折しやすくなります。
2~3階建てのような高さのあるゲージの選択は避ける方がベターです。

img src=”ジャンガリアンハムスター.jpeg” alt=”ジャンガリアンハムスターゲージ”

エサのやり方には注意しましょう


エサやりで注意すること
  1. ヒマワリの種は1日1~2粒にしましょう
    高カロリーなため、肥満の原因になります

  2. 主食はペレットにしよう
    ペレットは栄養に優れています

  3. 野菜は多めにあげましょう
    かぼちゃ、ブロッコリー、など

  4. 時々くだものをあげよう
    ビタミンCを補給になります

  5. 農薬に注意して新鮮なものをあげましょう


img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスターペット保険”


img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター用ペレット”


img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスターエサ入れ”


img src=”ハムスターマット.jpeg” alt=”ハムスターマット床材”



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA