【対策方法】ハムスターがケージを噛む原因4つ

img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター噛む原因と対策”


この記事をご覧になられているという事は、ハムスターがケージを噛むことに悩んでいる方だと思います。

  •  どうしてケージを噛むの?
  •  ほったらかしてもいいの?
  •  うるさくて眠れないんだけど・・・。

こういった疑問にお答えしたいと思います。

【対策】ハムスターがケージを噛む理由とは?主な原因は4つ


主な原因は4つあります。

  1.  ケージから出たい
  2.  餌が欲しい
  3.  ストレスでイライラしている
  4.  歯を研いでいる

①ケージから出たい!もっと遊んで欲しい!


ハムスターはケージから出て遊びたいときによく噛みます。

そのため、ケージを掃除している時に噛んで構ってもらおうとします。

また、遊び足りない時も噛んだりします。



5分~15分くらいを目安に遊んであげましょう。

遊んであげると言っても、すぐに部屋の隅っこに行く場合もあると思います。

それでもいいので、ケージから出して遊んであげましょう。

②餌が欲しい。餌が足りない。


餌の量、足りていますか?



あまりに餌が不足していると、ケージを噛んで催促することがあるので、注意しましょう。

少し残っているくらいでいいと思います。



また、ケージ越しに餌をあげていませんか?

ケージ越しに餌をあげると、またもらえると思い催促するようになります。

img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター用ペレット”

③ストレスでイライラする  

avatar
ケージが汚くてイライラするよぉ


ストレスの主な原因はいろいろありますが、以下の4つに注意しましょう

  1.  ケージが狭すぎる
  2.  ケージが汚れている
  3.  回し車のサイズが合わず、遊べていない
  4.  昼間に眠れていない


ケージが狭すぎる


狭すぎるケージを選んでいませんか?
ケージの中にモノを置きすぎていませんか?

ハムスターは毎日2キロ以上走ります。

ケージが狭かったり、スペースが無いと走ることができません。

適切なケージの大きさ、環境にしてあげましょう。

また、ケージを網のタイプではなく、プラスチック製にすれば、噛むことはできませんので、対策方法の1つと言えます。

img src=”ゴールデンハムスター.jpeg” alt=”ゴールデンハムスターゲージ”

img src=”ジャンガリアンハムスター.jpeg” alt=”ジャンガリアンハムスターゲージ”


ケージが汚れている


ケージが汚れたままだと、ハムスターにとってストレスになります。
以下の4点に注意しましょう。

  •  ケージ内のフンは毎日取り除く
  •  水を毎日交換してあげる
  •  トイレの砂が汚れていたら交換する(最低でも1週間以内)
  •  床材がオシッコで濡れていたら交換する

必ずケージを清潔に保ってあげてください。

トイレを設置していない方は、必ず設置しましょう。

回し車のサイズが合っていない


これは初心者の方には気づきにくいですね。

回し車を回す際に、体が反り返っていませんか?



あまりに小さい回し車だとうまく遊べぶことができずに、運動不足になりますので注意しましょう。

昼間に眠れていない

avatar


ハムスターは昼は眠り、夜運動は活動します。
人間とは逆の生活です。

以下の5点に注意してください。



  •  掃除や散歩などは夕方以降に実施しましょう。
  •  昼間は明るい場所に置く
  •  昼間むやみに起こさない
  •  電子機器の近くに配置しない
  •  夜は電気を消してあげる


④ハムスターが歯を研いでいる

まず理解しておきたいのは、ハムスターの習性についてです。

ハムスターは歯が伸びるため、何かを噛んで歯を削る習慣があります。

歯が伸びすぎてしまうと、ごはんが食べづらくなってしまいます。

「噛む」というのは珍しいことではなく、当たり前の行動なのです。

必ずかじり木を設置してあげましょう。

ほったらかしでもいいの?


ケージを噛むことは、ほったらかしてはいけません。
ほったらかすと、最悪の場合、歯の噛み合わせが悪くなります。

原因を調査して、正しい対策を行うことが必要です。

この中の1つでも該当したら直してあげましょう。

焦らず、1つ1つ試してみる形でいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA