【治し方】ハムスター下痢の原因は?元気なのに死ぬことあるの?

img src=”ハムスター下痢.jpeg” alt=”ハムスター下痢”


この記事では、お腹に関する病気の紹介と、対処法や予防を紹介します。

ハムスターは下痢で死ぬことが有ります

2~3分で読める記事になっていますので、しっかり読んで勉強しましょう。

【治し方】ハムスター下痢の原因は?元気なのに死ぬことあるの?

下痢 = ウエットテイル

症状: 下痢(下痢の症状をまとめてウエットテイルと言います)
    おしりが濡れていると下痢の可能性が高いです。
    うんちは形がくずれていて、においがあります。

    水のようなうんちで、血便が出たり脱水症状を起こすと命にかかわります。

原因: 増殖性回腸炎(細菌感染)
    ウイルス・カビ
    寄生虫・食あたり
    環境の変化・ストレス

    複数の飼育

治療: 点滴や抗生物質
    脱水の場合・・・皮下補液
    寄生虫の場合・・・駆虫薬

 

予防: ゲージを定期的に掃除する
    栄養バランスを考えてあげる
    触りすぎてストレスを与えない

症状を軽く見ると、2~3日で死ぬこともあります。
早急に病院に行きましょう。


複数飼いは移る可能性があるので注意しましょう


腸閉塞

症状: 腸が詰まってうんちが出にくくなる
    食欲がなくなり痩せる
    干からびた固いうんちをする

原因: トイレ用の固まる砂、綿製の素材を食べてしまうこと

治療: 下剤などの薬を与える
    ひどい場合は手術の可能性も


予防: トイレの砂は固まらないタイプにする
    ゲージの中に綿素材を入れない

    


よくあるのが固まる砂を食べてしまうことです。
固まる砂は、掃除がしやすいというメリットがあります。


しかし、固まった砂を食べてしまう子がいるので、やはり固まらない砂を使用しましょう。

部屋を散歩するときも、綿素材がないか注意しましょう



下記の記事に固まらない砂を紹介しているので、参考にしてください。

img src=”ハムスターまとめ買い.jpeg” alt=”ハムスターまとめ買い”


直腸脱(直重積脱)

症状: おしりの穴から反転した腸が飛び出てしまう
    下痢、重い便秘

    食欲がなくなり痩せる

原因: 下痢が続いたとき

治療: 手術
    お腹を開いて腸を元に戻す
    直腸だけが脱出した場合は、肛門のまわりを縫う


予防: 下痢をさせないこと
    (掃除・食事)

発見したら触らずに、早急に病院へ行きましょう

病院代が多くかかる不安がある方には、ハムスターの「ペット保険」があります。

手術代などの高額な費用を低減させてくれる保険で、万が一の際にも、安心して病院に行くことができます。

img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスターペット保険”


まとめ

  1.  下痢をした時は、早急に病院に行く
    (様子をみても状況は悪化するだけ)
  2.  ゲージを清潔に保つ
  3.  エサの栄養バランスを考える
  4.  ストレスを与えない



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA