【年寄り】高齢ハムスターの餌は?【老化時のお世話】

img src=”ハムスター.jpeg” alt=”ハムスター高齢の餌”

ハムスターの寿命は約2~3年です。

2年を超えてくると、老化が進んでいることに気づきます。

年齢に合ったお世話をしてあげることが大切です。

【年寄り】高齢ハムスターの餌は?【老化時のお世話】

餌に注意する

高齢になると、噛む力が弱くなるので、固いペレットが食べられなくなることがあります。

その場合、水でふやかしたり、かみ砕いたりして助けてあげましょう。

毎日餌の量が減っていないか確認することが大切です。

下の「セレクションプラスは固さを調節でき、流動食としてあげることができます。

100gと少量なので、大量に餌が余ることもないでしょう。

餌は茹でてあげよう


野菜や果物をあげる際も、小さく切って食べやすくしてあげましょう。

  •  さつまいも
  •  かぼちゃ
  •  ブロッコリー
  •  にんじん


これらの野菜を茹でてあげるといいでしょう。

歯の伸びすぎに注意


やわらかいものばかり食べていると、歯が伸びてくることがあります。

歯が伸びすぎて噛み合わせが悪くなり、食事がとれなくなると衰弱してしまいます。

これは本当によくあることなので、歯が伸びてきたら、病院でカットしてもらうことが大切です。

ゲージは2階建て、3階建てのものを使用していませんか?


高さのあるゲージはやめた方がいいでしょう。

だんだんと上れなくなりますし、骨折のリスクがあります。

それが原因で、最悪の場合死に至るケースもあるので、平家が望ましいです。

それもあって、最初から高さが高すぎるゲージはオススメしていません。

最近我が家で使用しているのは、グラスハーモニーです。


ゲージの温度は一定に保ってあげましょう!


体調に気を配る


毎日体調をチェックしてあげてください。

  1.  毛並み・・・抜けていないか
  2.  目・・・白く濁っていないか
  3.  歯・・・抜けたり、伸びていないか
  4.  ほお袋・・・腫れていないか
  5.  足・・・引きづっていないか
  6.  うんち・・・下痢をしていないか


ハムスターは敵に襲われないように、元気なふりをする習性があります。

毎日お世話の際に観察して、早期発見してあげることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA