【パナソニック】インターホン故障時の修理方法を紹介

img src=”インターホン.jpeg” alt=”インターホン修理”


私はこれまで多くの電化製品を直してきました。

一応、エンジニアなのでこういうことが好きでもあり、面倒でもあります。

この記事では、我が家で修理したパナソニック製インターホンを例に、修理方法を紹介していきます。

多くの方は同じ方法で直っているので、型式は違っても、修理方法は同じことが多いです。

また自分で修理できない人向けの内容も紹介していますので、自分に合った対処方法を選択してください。

【パナソニック】インターホン故障時の対処方法は以下の3つ


対処方法は、以下の3つです。

  •  自分で分解して修理する
  •  自分で新しいインターホンを購入して交換する
  •  電気屋さんにお願いする


1つずつ説明していきます。

自分で分解して修理する方法

我が家で使用しているインターホンの型式


親機(家の中) ・・・WQD201W (National製)

子機(家の外) ・・・WQD001A (松下電工株式会社)


パナソニック製ですね。 約12年使用しました。

症状を確認しよう

  1. 外からインターホンを押しても、外のインターホンは音が鳴らない
  2. 家の中は音が鳴り、モニターも映っているが、外の声が聞こえない
  3. 家の中から話しても外に聞こえない
屋外から

インターホンを押してるのに鳴らないなぁ。家の中では鳴っているようだが・・・

屋内では

はーい。〇〇です。・・・。あれ、反応が無いわねぇ。聞こえないのかしら。

このような具合でした。

ほとんどの場合は子機が原因


結論から言うと、多くの場合は子機のスピーカーが原因です。

もちろん、配線の断線や親機故障の可能性もありますが、ここではいちばん可能性の高いスピーカーを交換して対策する方法を紹介します。

インターホンの子機を外して分解しよう

最初に、最下部のネジを緩めます。もちろん、機種により違います。

ネジを緩め、少し上に持ち上げると外れます。

線が2本接続されていますのでドライバーで外しましょう。

確かどちらに接続しても良かったと思います。

まぁ、戻す時は元通りにすれば間違いないでしょう。

本体の分解ですが、ネジを4本外します。

赤と白の線が接続されている、中央にある丸い物体がスピーカーです。
防水と思われるシートが破れています。

左下にある、マイク(黒い丸いもの)もシートが破れています。

この2箇所は外部に近いので、痛みやすい箇所です。

防水機能を果たしていませんね。
12年も経ってるので仕方ないですね。

コネクタを外します。配線をそっと引っ張ると外せます。

スピーカーが痛んでいる感じがします。

スピーカーを購入しましょう。

実は交換用のスピーカーがないと始まりません。

この部品で問題ありません。1000円弱です。

しっかり梱包されて届きましたので安心です。

このような商品です。

半田ごてを使用して、先ほどの線を外して、新しいスピーカーに付け替えます。


赤が+ 白がーです。

そして、何らかの防水カバーをする必要があるので、サランラップを使用します。

ついでに、マイクも防水し直しましょう。

まぁ適当に巻きました。


元に戻して組み立て、屋外に設置します。


直った!と言いたいところなんですが、実は直らなかったのです。

スピーカー交換をしてもインターホンが直らない方へ


簡単に直せると思っていました。

何故自分のインターホンは直らないのか。

正直諦めかけていました。

最後の手段で、手あたり次第、再半田を実施しました。

半田って、見た目には付いているようで、ひび割れしていることがあります。

12年経っているので、半田が経年劣化している可能性を考えました。

再半田をした箇所は、下記のようなところです。

ランドが大きい箇所だけ実施しました。

チップ部品は再半田していません。

動作確認をしたところ、奇跡的に直りました! 

これで直らなかったら、新しいのを買おうと思っていたので良かったです。

ただ、半田はそこそこワッテージの高い半田ごてが必要です。

20W程度では、温まらないと思います。

私が使用しているものは、温度調節ができる下記のものです。


こういう商品なら、再半田には問題ありません。

自分で新しいインターホンを購入して交換する

親機は100Vを扱うので、電気工事士の資格が必要になります。

ここでは詳細な説明は省きます。

もう買い替える寸前だったので、どれを購入しようか調査していました。

購入を決めていたのは、宅配ボックス連携型です。


便利だと感じたこと
  •  共働きのため、不在時間が多い
  •  共働きのため、子供に受け取らせるのは心配
  •  確実に受け取れる
  •  髪型や服装を気にしなくていい
  •  顔を合わせなくていい


これめちゃくちゃ良くないですか!

我が家にぴったり!

カートにまで入れていたのですが、直ってしまったので次回壊れたときには買い替えようと思います。

少々お値段が高いですが、大活躍間違いなしですね。

でもどうやって取付けしたらいいのかしら?

インターホンの取付け可能な会社2社ご紹介

① 電気の工事屋さん  ※全国対応

全国展開しており、施工実績多数

エアコン関係全般、配線、家電取付、インターホンなど 電気のことでお困りでしたら「電気の工事屋さん」がおすすめ

  •  お見積り無料で安心査定
  •  業界最速のスピード対応
  •  電気工事士が現場で施工
  •  中間マージンがなく低価格
  •  超地域密着型で親切丁寧


まずはお見積りから始めてみましょう。


「快適生活エキスパート」

中部地方から九州まで、西日本を中心に対応しています。

  •  工事前にお見積りするので追加料金なし
  •  他社より高い場合は相談可能
  •  平日10時までに見積依頼した場合、12時には対応
  •  地域最安値を謳われている


まずは簡単WEB見積りから進めましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA