KENWOOD製MDV-X500のカーナビの修理方法

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーション”

KENWOOD製MDV-X500のカーナビの修理方法

我が家のカーナビゲーションの型式、症状とは・・・

先日ブルーレイレコーダーが故障したのですが、今度はカーナビが故障しました。ホントついてねぇ。 ブルーレイレコーダーは奇跡的に直ったのですが、カーナビは果たして直せるのでしょうか。

不具合の内容は、現在地ボタンを押すと「黒画面」になったり、操作できなくなったりしました。 少し粘ると直ったり、黒画になったりを繰り返した挙句、ついに動かなくなってしまいました。

ネットで検索してみると、同じ症状の方がたくさんいました。

内容から察するに完全にカーナビの不具合と判断。これは寿命ではありません。

なぜ言い切れるかというと、私は一応エンジニアだから少し分かるのです。

書き込みには、お店に持っていくと1~3万くらいで直る?との情報もありましたが、何とか自分で直したかったのです。

3万って高いじゃん。

ちなみに私が使用しているナビはコレ ↓

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーション”
  •  型式  :MDV-X500
  •  メーカー:KENWOOD
  •  購入時期:2013年12月
  •  購入場所:オートバックス
  •  購入価格:99,000円(本体価格69,800円)
  •  (STリモコンやバックカメラ、工賃含む)

高いのか安いのかよく分からんが、安い買い物ではないよね。10万って。

頑張れば自分で取付けできるんだけど、新車だったのでお店の方にお願いしました。

それにしても工賃高ぇよ。

保証書は「2013年12月22日より1年間有効」とありました。

もうすぐ6年です。やっぱ保証、キレていますね。

しかし車より先に壊れるなよな~。

バラして修理すると決心した!

夏場だったので、死ぬほど暑くて作業をするのに抵抗がありました。

嫁は、オートバックスに行って、はやく直してきて!と言っています。

オートバックスが直すわけないのだが、説明も面倒だし、自分でやると言い切ってやりました。

直せる自信はありませんが・・・。バラすのは好きなので・・・。

故障の詳しい症状について

現在地ボタンを押すと画面が真っ黒になり、音声は聞こえている

その後、どのボタンを押しても動かなくなる。

実は、いきなりこの症状になったわけでは無いんですね。

上記と似たような初期症状があったんです。

一旦エンジンを切ってから、エンジンを掛け直すと正常に戻ったり、再発したりしていた。

そのうちに頻度が増え、とうとう常時真っ黒になってしまいました。

真っ黒と言っても、エンジンをかける(ACC-ONをする)と、KENWOOD 安全のために、運転される方は・・・・という最初の初期画面は表示し、その後黒画に切り替わり動かなくなります。

リコールレベルだぞこれ。

カーナビの修理作業を始める

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーション養生”

カーナビをバラすとなると、車のインパネを分解する必要があります。

その前に養生しましょう。傷を最小限に抑えるために。

この車をバラすのは初めてでしたが、マイナスドライバーで無理矢理こじ開けました。

お陰でわずかに傷がついてしまいました。こういうの買った方がいいです。安いし。


あぁぁぁぁぁぁぁ!

ネジが1本車の中へ落ちてしまいました。

手前に空洞があるのを見逃して、1本谷底へ落ちてしまいました。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーション分解”

このネジは諦めよう。いきなりやる気半減。

まぁガタツキがなければ問題ないでしょう!アース用でもないし。

なんとかインパネを外しました。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーション分解”

コネクタを外していきましょう。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーション分解コネクタ”

同じコネクタが4つ並んでいるので、忘れないように外しましょう。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーション分解コネクタ”

真ん中の黒いコネクタ4つですね。 私は養生テープに番号を書いて巻きました。

繋がっているコネクタを全て抜いたのですが、アース1本が本体内部に繋がっているせいで、どうしてもインパネと分離できませんでした。

そのまま決行しました。(後で確認すると、天板とデッキを外せば外せそうでした)

img src=”puppy.jpg” alt=”カーナビ”

モニターを手でグイっとチルトさせると、このように両サイドにネジが見えます。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションモニターチルト”

ネジを外します。シャーシに挟まっているだけなので、ゆっくり外します。この時、モニターと本体は、フレキで繋がっています。

フレキっていうのは配線のようなペラペラの線です。この時、基板にシルバーのネジが2箇所固定されているのですが、これを外します。

フレキを引っ張りすぎて切れないように、外してください。フレキはコネクタの黒い部分をパチンと上にあげると外れます。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションモニター”

モニターを分解する。

さて、ここから部屋で作業します。ここまで、約50分かかっています。

ちょっと時間かかりすぎましたね。Tシャツは上から下まで汗でびっしょり。1リットルくらい汗が出ました(笑)

それが分かっていたので、部屋は冷房で冷やしていました。涼しい♪

さて、小さなネジを外していきます。全部で9個所だったかな。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションモニター分解”

マイナスドライバーで爪をこじ開けます。

また少し傷つきました。こういうの買った方が良いです。これも安い。

またもドライバーでこじ開け~

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションモニタ分解”

どんどん分解します。忘れないように・・・。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションモニタ分解”

私が疑っている操作基板までもうすぐです!

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションボタン部分解”

分解したらこんな感じです。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションモニタ分解”

ついに操作基板に辿り着きました。多少ホコリが溜まっていましたので全て掃除しました。

しかし、これが原因という箇所は発見できませんでした・・・。がしかし、

直ってしましました!!!

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションモニタ分解”

接点不良なのか?接点復活材は用意していなかったので、掃除で直ったことになります。

ついでにファームウェアも最新にバージョンアップしました。

img src=”カーナビ.jpeg” alt=”カーナビゲーションバージョンアップ”

もう分解は当分結構です(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA